ホームに戻るメールを送る 日本マテック株式会社 東京本社:TEL:03−3221−7531   FAX:03−3221−7240
大阪支社:TEL:079−447−1561   FAX:079−447−1556

 



























EMAT:電磁超音波

HOME > EMAT_TOPページ > 用途

用途

薄板探傷

薄板探傷画像

厚さ25mm以内であれば、ガイド波で内部全面の探傷が可能です。
Tailored Blankの様なレーザー溶接部などの溶接部探傷用途に適しています。従来不可能であったアプリケーションがEMATでは可能になります。SH波、Lamb波を使用。

↑ページのTOPへ戻る

表面探傷

表面探傷画像

コイル材などの薄板探傷などの表層部探傷に適しています。Rayleigh波、Lamb波を使用。
ビレット材の表面探傷にも最適。また、角パイプの場合には、ガイド波は1周丸々伝搬しますので、プローブを移動せずに全周探傷が可能です。

コイル選択

深さ
mm
コイル番号 機能 コイル
ピッチ
mm
周波数
MHz
チューニングモジュール
0.5 T-L-MF-0.024x15-0.680-5.000R
R-L-MF-0.024x15-0.680-1.000R
Transmitter
Receiver
0.6 4.792 L/SE-PC-MF-0.024-5000kHz
L/SE-PE-MF-0.024-5000kHz
1.0 T-L-MF-0.032x12-0.715-5.000R
R-L-MF-0.032x12-0.715-1.000R
Transmitter
Receiver
0.8 3.594 L/SE-PC-MF-0.032-3500kHz
L/SE-PE-MF-0.032-3500kHz
1.5 T-L-M-0.060x12-1.000
R-L-M-0.060x12-1.000
Transmitter
Receiver
1.5 1.917 L/SE-PC-M-0.060-2000kHz
L/SE-PE-M-0.060-2000kHz
2.0 T-L-M-0.080x8-1.000
R-L-M-0.080x8-1.000
Transmitter
Receiver
2.0 1.438 L/SE-PC-M-0.080-1500kHz
L/SE-PE-M-0.080-1500kHz
2.5 T-L-M-0.100x7-1.000
R-L-M-0.100x7-1.000
Transmitter
Receiver
2.5 1.150 L/SE-PC-M-0.100-1250kHz
L/SE-PE-M-0.100-1250kHz
3.0 T-L-M-0.120x5-1.000
R-L-M-0.120x5-1.000
Transmitter
Receiver
3.0 0.958 L/SE-PC-M-0.120-1000kHz
L/SE-PE-M-0.120-1000kHz
3.5 T-L-M-0.140x6-1.000
R-L-M-0.140x6-1.000
Transmitter
Receiver
3.6 0.821 L/SE-PC-M-0.140-900kHz
L/SE-PE-M-0.140-900kHz
4.0 T-L-M-0.160x5-1.000
R-L-M-0.160x5-1.000
Transmitter
Receiver
4.1 0.719 L/SE-PC-M-0.160-750kHz
L/SE-PE-M-0.160-750kHz
4.5 T-L-M-0.180x5-1.000
R-L-M-0.180x5-1.000
Transmitter
Receiver
4.6 0.639 L/SE-PC-M-0.180-700kHz
L/SE-PE-M-0.180-700kHz
5.0 T-L-M-0.200x4-1.000
R-L-M-0.200x4-1.000
Transmitter
Receiver
5.1 0.575 L/SE-PC-M-0.200-500kHz
L/SE-PE-M-0.200-500kHz
6.5 T-L-M-0.250x4-1.000
R-L-M-0.250x4-1.000
Transmitter
Receiver
6.4 0.460 L/SE-PC-M-0.250-400kHz
L/SE-PE-M-0.250-400kHz
7.5 T-L-M-0.300x3-1.000
R-L-M-0.300x3-1.000
Transmitter
Receiver
7.6 0.383 L/SE-PC-M-0.300-300kHz
L/SE-PE-M-0.300-300kHz
10.0 T-L-M-0.400x2-1.000
R-L-M-0.400x2-1.000
Transmitter
Receiver
10.2 0.288 L/SE-PC-M-0.400-200kHz
L/SE-PE-M-0.400-200kHz
12.0 T-L-M-0.500x2-1.000
R-L-M-0.500x2-1.000
Transmitter
Receiver
12.7 0.230 L/SE-PC-M-0.500-200kHz
L/SE-PE-M-0.500-200kHz

↑ページのTOPへ戻る

斜角(内部)探傷

斜角(内部)探傷

SH波では40°から90°の範囲で設定が可能です。
SV波では効率が最も高い35°で使用します。

角度 コイル番号 機能 コイル
ピッチ
mm
周波数
MHz
チューニング
モジュール
コイル番号
35° R-L-M-0.060x12-1.000 T/R 0.060 1.5 3.78 L/SE-PE-M-0.060-3500kHz
35° R-L-M-0.070x10-1.000 T/R 0.070 1.78 3.24 L/SE-PE-M-0.070-3000kHz
35° R-L-M-0.080x8-1.000 T/R 0.080 2.0 2.83 L/SE-PE-M-0.080-2600kHz
35° R-L-M-0.100x7-1.000 T/R 0.100 2.5 2.27 L/SE-PE-M-0.100-2000kHz
35° R-L-M-0.120x5-1.000 T/R 0.120 3.0 1.89 L/SE-PE-M-0.120-2000kHz
35° R-L-M-0.140x6-1.000 T/R 0.140 3.6 1.62 L/SE-PE-M-0.140-1500kHz
35° R-L-M-0.160x5-1.000 T/R 0.160 4.1 1.42 L/SE-PE-M-0.160-1250kHz

↑ページのTOPへ戻る

厚さ測定(高温含む)

厚さ測定(高温含む)画像

SH波を使用して厚さ測定が簡単に、しかも接触媒質を必要としません。
高温測定も可能です。冷却なしでMAX200℃、空冷でMAX1000℃まで対応。
通常はスパイラル型のコイルを使用します。異方性のある場合にはバタフライ型を使用して方向を定めて測定を行います。

プローブリスト

プローブ番号 モード
コイル形状
EMAT
タイプ
マグネット
タイプ
最大適用温度
時間強制冷却無し
最大適用温度
時間強制冷却有り
寸法 適用範囲、
精度
274A01251 SH
Butterfly
Lorentz 永久磁石 <130℃
制限無し
150°-450℃ 制限無し
450℃-650℃ 30s
D64mm x H70mm 厚さ測定/探傷
範囲:1-100mm
精度:. 0.0125mm
274A0126 SH
Spiral
Lorentz 永久磁石 <130℃
制限無し
150°-450℃ 制限無し
450℃-650℃ 30s
D64mm x H70mm 厚さ測定/探傷
範囲:1-100mm
精度:. 0.0125mm
274A0165 SH
Spiral
Lorentz 永久磁石 <200℃
制限無し
650℃ 5s D38mm x H76mm 厚さ測定/探傷
範囲:1-50mm
精度:. 0.0125mm
274A0190 SH
Spiral
Lorentz 永久磁石 <200℃
制限無し
650℃ 5s   厚さ測定/探傷
範囲:1-100mm
精度:. 0.0125mm
274A01282 L
Linearly
Polarized
Lorentz 永久磁石 <130℃
制限無し
150°-450℃ 制限無し
450℃-650℃ 30s
57mm H 95mm W 83mm L 厚さ測定/探傷
範囲:1-500mm
精度:. 0.0125mm
274A01432 L
Linearly
Polarized
Lorentz 永久磁石 <200℃
制限無し
1000℃ 制限無し 64mm 83mm 89mm L 厚さ測定/探傷
範囲:1-100mm
精度:. 0.0125mm

↑ページのTOPへ戻る

垂直探傷

垂直探傷画像1EMATは電子技術、PC、コイルの飛躍的な進歩によって、これまで弱点とされてきた障壁はほとんど取り除かれ、従来法よりも優れた機能が生かされるようになりました。

垂直探傷画像2

上記の一例は、171mm厚さの粗面ビレット/2mmFBH探傷波形です。
アベレージングや、デジタル処理は一切していない生波形です。

垂直探傷画像3十分な感度、探傷能力を獲得した最新のEMATは、 接触媒質を必要としない利点を生かして、安定信号が得られるばかりか、自動にも適していることが認識されています。
また、従来の圧電素子では不可能であったことが、数多く可能となります。

↑ページのTOPへ戻る

その他

以下の用途を開発中です。

  • Stress 応力測定
  • 黒鉛球状化率測定
  • オーステナイト系ステンレス探傷
  • EMATフェイズドアレイ
  • レール探傷

↑ページのTOPへ戻る