ホームに戻るメールを送る 日本マテック株式会社 東京本社:TEL:03−3221−7531   FAX:03−3221−7240
大阪支社:TEL:079−447−1561   FAX:079−447−1556





























InSite-HT 渦流熱処理検査装置

詳細仕様

高速、100%信頼性の渦流部品検査
Zetec のInSite-HTにより、渦流検査手法で迅速・高速に部品を検査する事ができます。渦流では、製造ラインのスピードに合わせて、各部品を汚さなく非破壊的に検査します。従来の検査方法と比べると、煩雑の準備作業を省い、更に高い精度を得られて、部品に損壊を与えません。
また、InSite-HT は基本のベンチトップあるいは困難の複数インライン検査に既に対応しており、下記検査を含めた部品構成を検証する事ができます。

熱処理

  • ケースの深さ
  • 材料ミックス

InSite-HT の操作は使いやすく、メニュー方式で駆動するため、装置を素早く理解し、直ちに動かす事ができます。内臓の言語選択及び自動電圧切換機能により、世界中の任意の場所で、言語と電源の問題を引き起こさなく、検査作業をスムーズに進められます。

検査を開始する時には、まず既知良品で検査の許容範囲を設定しなければなりません。そして、各部品の渦流信号と比較し、許容範囲に従って、良品と不良品を判別します。 多重周波数の渦流検査を用いれば、確実に様々な発見困難な欠陥を検出する事ができます。
高いサンプリングレートを用いれば、高速な検査ができます。例えば、ボールベアリング固有の600 ppmの熱処理を検査する場合には、複数の"test enables(テストイネーブル)"により、1台のInSite-HT装置で2ラインを同時に検査する事ができます。
InSite-HTの内蔵工業用I/Oにより、材料運搬システム及びPLCコントローラーと通信する事ができます。 新規また既存ラインにInSite-HTを容易に導入でき、既存の分類機器、色識別器と光ポールなどを制御する事ができます。
制御用コンピューター(PC あるいは PLC)のイーサーネットを通じて、InSite-HT の検査用コンフィギュレーションをリモート選択する事ができ、ライン全体の検査処理を変更できます。また、 InSite-HT は複数のUSB ポートを装備しており、大容量USB記憶装置を用いれば、ファームウェアのアップデート及びコンフィギュレーションの転送をする事ができます。
InSite-HTの仕様には、2, 4 と 8 コイルのバージョンがあります。工業用環境に対応するため、各小型のモジュールが頑丈な金属製ケースに入れされており、工業用環境に対応しています。高信頼性、コンパクトのPCIモジュールを採用したため、 過酷な条件でも24/7 で稼働します。また、モジュールレベルでのメンテナンスも容易に行えます。

提供可能モデル:

  • InSite-HT-2  2ECTコイルに対応した渦流装置
    C/N 6020-00-02
  • InSite-HT-4 Eddy 4ECTコイルに対応した渦流装置
    C/N 6020-00-04
  • InSite-HT-8 Eddy 8ECTコイルに対応した渦流装置
    C/N 6020-00-08

InSite-HT専用のプローブを用いれば、構造検査の能力を最大限に発揮する事ができ、プローブの選択が容易に行えます。InSite-HTは、内部と外部コイルを共に対応しているため、アプリケーションの種類と関係なく、最高の感度を得られます。

Zetec は工業分野のメーカです。Zetecのトレーニングセンターあるいは指定した場所でカスタマイズトレーニングを行っており、必要な教育を与えられます。世界各地での教育コースは全ての渦流システムに対応する事ができます。