ホームに戻るメールを送る 日本マテック株式会社 東京本社:TEL:03−3221−7531   FAX:03−3221−7240
大阪支社:TEL:079−447−1561   FAX:079−447−1556





























デジタル多重周波渦流探傷装置

MIZ-28

ZETEC社は原子力SG管の検査のための委託研究 からスタートし、振幅/位相解析方法理論、多重周波法を世界で最初に開発し、今日の渦流検査法の基礎を築いたメーカーです。現在でも検査業務を行い、全 世界の原子力の安全性を支えています。そのZETEC 社が原子力以外の用途に開発した渦流探傷装置の中の最新の高性能渦流探傷装置がMIZ−28です。原子力での経験が凝縮されています。熱交換器のチューブ探傷、 オンライン欠陥検査に最適です。
  • 大型カラー画面にリサージュ波形4CH、アナログチャート2CHを同時表示
  • DIF、ABS、DP他、全てのプローブタイプに対応、タイプ選択で自動的に内部の接続を切り替えます。
  • 振幅、位相角自動測定機能装備
  • 較正カーブを入力して、減肉率を直接表示
  • 40GBのデータメモリー機能でデータの再現、解析が可能
  • 多重複合パルス送信と時分割パルス送信の選択が可能
  • オプションのRFT送受信外部ユニットと組み合わせてリモートフィールドも可能。
  • C-Scan, 3D, B, バー表示など表示方式も選択豊富
  • 探傷条件もメモリー可能。
  • CPU内蔵専用モデルのため、電源ONで即開始、
  • 周波数範囲:100Hz〜10MHz/4周波
  • チャンネル数:標準8CH(オプション16CH)
  • コイルコネクター数:4個(8コイル)
  • 総合感度:105dB以上
  • 位相/振幅計測機能
  • 電源:AC 85−264V、47−63Hz自動対応
  • USBスロットを2口装備。ドライバー設定無しにデータ転送が簡単。
 

ユニバ|サル電源

miz28rear.jpg (284581 バイト)

        背面パネル

 

プロ|ブ接続

    ZETECファミリー