ホームに戻るメールを送る 日本マテック株式会社 東京本社:TEL:03−3221−7531   FAX:03−3221−7240
大阪支社:TEL:079−447−1561   FAX:079−447−1556





























Valpey Fisher
バルペイフィッシャー
超音波トランスデューサと光電材料技術の結晶
超音波トランスデューサー
  バルペイフィッシャー 社は、超音波トランスデューサと光電材料の組み合わせにより、既に70年の製作経験を持っています。このユニークな組み合わせにより、”製作芸術”とよばれた加工、テスト用設備を創り出しました。最新のCNCカッティング、研磨設備を含み、最先端のトランスデューサコンピュータ設計システムまで至って、バルペイフィッシャー 社は、微小ピン型トランスデューサ及び直径0.020インチ、150MHz以上高周波トランスデューサ等よりよい品質と性能の製品を提供しています。

  バルペイフィッシャー 社は、探傷、厚み測定、音響式顕微鏡、表面波測定、材料分析、医療等様々な分野の超音波トランスデューサを提供しております。標準及びOEMアプリケーション用のカスタマイズトランスデューサまで、汎用型、高分解能、ハイパワー等三種類のトランスデューサを幅広く製造しています。

超音波トランスデューサ
テスト及び保証
バルペイフィッシャー 社の全てトランスデューサは、RF波形及び周波数スペクトル付きで渡します。又、全てのトランスデューサは、ASTME-1065に準拠し、シリアル番号付きで、確認が容易です。トランスデューサの深さ及び焦点長さを示す軸ビームのプロフィールとビームスポットサイズ及びビーム対称性を示す横ビームのプロフィールとしても、役に立ちます。その上、電気プロットを発生し、位相及び振幅の情報を得られます。
トランスデューサ
バルベイフィッシャー社のトランスデューサの設計及び製造は、最高の工業基準に満たします。全ての製品にはテストデータ及び製品保証書を付きます。そして、我々は、個々製品の品質、信頼性及びパフォーマンスを自信満々保証します。

探触子の選択


トランスデューサタイプ

汎用タイプ GP

汎用タイプGP
汎用トランスデューサは、中性ダンピングであるため、最適な感度を備えています。表面分解能の損失が全く有りません。標準の帯域幅は、30%〜50% @-6dBです。

高分解能 HR

高分解能HR
高分解能トランスデューサは、高ダンピングです。表面の分解能を上げたい、もしくは信号のノイズを改善したい場合、通常広帯域トランスデューサを選びます。標準の帯域幅は、70%〜100% `-6dBです。

高感度 HS

高感度HS
高感度及びハイパワートランスデューサは、低ダンピングもしくは空気入れ狭帯域トランスデューサです。最大のパワー及び貫通力を得る為、設計されました。トンバーストともしくはCWパルサーと組み合わせて使えます。標準の帯域幅は、10%〜40%, @-6dBです。