ホームに戻るメールを送る 日本マテック株式会社 東京本社:TEL:03−3221−7531   FAX:03−3221−7240
大阪支社:TEL:079−447−1561   FAX:079−447−1556

 



























EMAT:電磁超音波

HOME > EMAT_TOPページ > システム

システム

電磁超音波は検査物内で超音波を発生しますので、水や油などの接触媒質が必要ないため、

  • オンラインなどのシステムでも水供給、水タンク、後処理などの設備が簡素化されます。
  • 表面の状態の影響を受けないので、前処理が不要です。
  • 非接触(<2mm)
  • 信号が安定していますので保持機構が簡略化できます。
これらのメリットはシステムに最適な条件を備えていることになります。

プレート探傷

Pi-NBシステムは板材の内部欠陥、空洞、巣、剥離などをオンラインで高速検査が可能です。
水を使用しないEMATは信号も安定し検出能力もアップ

プレート探傷

↑ページのTOPへ戻る

薄板コイル探傷

Pi-GWシステムは薄板のボイド、内部欠陥、巣などを高速で全面検査が可能です。
非接触EMATはシステムが簡略化され、システムには最適です。

薄板コイル探傷

↑ページのTOPへ戻る

ERW 電縫管探傷

Ti-Wシステムは電縫管の溶接部検査を非接触で高速に探傷が可能です。水処理システムが不要のため、システムもシンプルとなり価格面でも有利です。

ERW 電縫管探傷

↑ページのTOPへ戻る

パイプ探傷

Ti-Mシステムは様々なパイプ材の探傷に適用されます。
コイル配列によって円周方向、長手方向の探傷も自由自在。非接触、水無しはシステムに最適

パイプ探傷

↑ページのTOPへ戻る

Tailored Blank レーザー溶接探傷

Si-WBシステムは薄板溶接部探傷を初めて可能にした最新の検査システムです。
検査物内で超音波を発生のため、表面粗さ、表面の汚れの影響なし。

Tailored Blank レーザー溶接探傷

↑ページのTOPへ戻る

Billet探傷

SBシステムは角ビレット材の表面及び内部の探傷が可能。
ガイドウェーブを使用すれば角パイプも2個のセンサーで全周の検査が可能です。非接触。

Billet探傷

↑ページのTOPへ戻る

Mash Weld探傷

Si-MWCシステムはMASH溶接で発生する位置ずれ、溶接不良を検出します。接触媒質が不要のため、溶接直後の検査が可能です。

Mash Weld探傷

↑ページのTOPへ戻る